招待状の返信について

結婚式の招待状が届いた場合は、必ず返信する必要があります。出席・欠席に拘らず返信する必要がありますし、電話などで直接出席する旨を伝えていた場合でも、招待状は返信しなければいけません。その際に、出席の場合は出来るだけ早く返信する方が良いです。返事が早い方が、待ち望んでいたと言う気持ちを表現することが出来ます。逆に欠席する場合は1週間程度待ってから返信する方が、印象的には良いです。予定などが既に決まっていて欠席と言うことが分かっている場合でも、すぐに返信してしまいますと最初から行く気が無いように思われてしまう可能性があります。

ご祝儀のマナーについて

結婚式に出席する場合は、ご祝儀を持って行くことがマナーとなります。その際に、いくらぐらいのご祝儀を渡すことが良いのか迷ってしまいますが、基本的に相場は3万円となっています。もちろん新郎新婦との間柄や祝福の気持ちを強く表したい場合には、3万円以上の金額を入れても構いません。また、以前は2万円は2と言う数字が割り切れる為に縁起が悪いとされていましたが、今は2と言う数字がペアを表すなどの意味が込められている為、特にマナー違反と言う訳ではありません。

服装のマナーについて

結婚式に出席する場合は、服装にもマナーがあります。最も基本的なことは、白い洋服を避けるということです。白は新郎新婦が着用する色ですので、ゲストは避ける必要があります。極端に派手なファッションはいけませんが、お洒落をすることもマナーの一つです。服装からもお祝いの気持ちを表現出来るような服装を心掛けることが大切です。肌の露出に関しては、夜の披露宴などの場合は多少許容されますが、抑え目にすることが大前提としてあります。

博多の結婚式場を選ぶ場合、口コミサイトにおける評判をチェックすることで、より魅力的な式場が見つかります。