誰でも一度は憧れるチャペル結婚式

結婚式と聞いて一般的に頭に思い浮かべることが多いのは、夫婦でウエディングドレスとタキシードを着用してチャペルで行われる形式のものですよね。チャペルで行う結婚式は、普通に信者の人が通っている一般的な場所から、ホテルに併設されている便利な場所まで様々なものがあります。披露宴を大きな会場で行いたい場合には、ホテルで併設されているチャペルで式を挙げたほうが参列者にも優しいですが、少人数の式の場合には、一般的なチャペルの方が本格的な雰囲気を味わうことが出来ます。

日本の心を感じる神社で挙げる結婚式

昔から日本で行われている結婚式の形態の一つに神前結婚式があります。神前結婚式は神社で行う結婚式であり、夫婦になる二人の近しい親族のみが参列する厳かで小規模な式になることが多いです。白無垢や色内掛けなどの特別な和装を身に着けて式を挙げるため、気持ちが引き締まり、新たな二人の人生を踏み出す良い一歩となります。観光地などになっている有名な神社であれば、観光客も多く訪れているため、多くの人に祝福を受けることもありますよ。

少人数で行うささやかな結婚式

夫婦と友人のみや、夫婦と近しい親族のみなどの少人数で結婚式で行う場合には、小さな会場で行う結婚式がおすすめです。個人経営のレストランなどが会場に選ばれることが多く、事前にオーナーと相談しながらしっかりと計画を立てることが出来ます。全て自分たちでプロデュースする必要があるため手間はかかりますが、アットホームなものからおしゃれな雰囲気なものまで様々な自分たちの理想に近い式の演出を行い、思い出に残すことが出来ます。

品川の結婚式場では、最高の結婚式を挙げられるように美味しい食事や様々な演出やサプライズをしてくれます。