意外と知らない婚約指輪

プロポーズする時、もしくはプロポーズが成功してから購入することになる婚約指輪。でも、いつから渡すようになったものなのか、どれくらいの値段にしたら妥当なのかなど知らないことはたくさんですよね。その歴史はとっても古く、古代エジプトではすでに指輪を渡す習慣が生まれていたそうです。値段ですが、給料の三か月分などの言葉が独り歩きしていますが、平均的な価格は約31万から32万円くらいです。指輪に使われている宝石は圧倒的にダイヤモンドですよね。

指輪っていつまでに用意しておけばいいものなの?

ブライダル関連の企業の統計だとまだ独身の女性も、既婚の女性もプロポーズをしてもらいたい、そしてプロポーズは指輪を用意した状態してもらたいと思っているという割合がどの調査でも高いんですよね。ですから女心を考えるとプロポーズ前に買っておきたいものですが、プロポーズ後なら結納や両家の顔合わせまでには指輪を用意しておくのが無難です。注文から三か月くらいかかる場合がありますが、遅くなってしまう場合は結婚式前までにはとにかく間に合わせましょう!

指輪ってどうやって買えばいいの?

婚約指輪の購入方法は三つあります。既製品の中から好きなデザインのものを選ぶ方法が一番時間もかからず簡単です。お店にあるものの中から選ぶので、これだと納得できるものが売っているかどうかはそのお店次第という事になります。既製品の購入でも、大抵の場合はサイズのお直しなどの微調整をしてもらえますから安心ですね。ある程度ダイヤのサイズやデザインをチョイスしたいなら、セミオーダーという方法がありますし、完全にオーダーメイドで作るのも夢があります。

婚約指輪とは結婚を決断した後に、婚約の証として男性から女性へ贈る指輪のことを指します。指輪の丸い形は永遠の意味を持ち「永遠に続く愛情」を象徴するものとされています。